<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

彼女の消息

日曜日(26日)の新聞に小さな囲み記事が。

八ヶ岳に引っ越して来た当時、ようやくご近所の方とも顔見知りになり、
何人かの気の合う方と交友が始まった。

ある晩、歩いても5分のホテルから電話が。
御曹司が「東京から友達が来てるから遊びに行ってもいいですか?」と。
もちろんその頃も冬は暇だったので「大歓迎!」と伝えました。

やってきたのは彼と友人のふたり。
これがまた知的で美しい若い女性でした。

一緒にワインを飲みながら学生時代の話など。
聖心女子大からソルボンヌへ留学?
「彼女は”翻訳も”やっているんですよ」との説明。
初対面の方に根ほり葉ほり聞くのは非常識というもの。
現在何をしているひとかは聞かずじまい。
でも十分に楽しい時間を過ごしました。

あれから時が過ぎ、趣のあったホテルは廃墟となって残った。
長い間にいろいろなことがあったので思い出すと感慨深い。

新聞の記事によると「国連広報センター所長」に就任するとのこと。
彼女の名は「幸田シャーミン」という。



f0067107_1494394.jpg
[PR]
by monsieurmt8 | 2006-03-28 14:05 | ネットワーク

感動の世界一 WBC

奇跡の快進撃から始まった「夢」は、とうとう世界一という頂点を極めかなえられた。
イチローを始め選手、王監督、コーチ達、裏方さんに感謝を込めて「感動をありがとう!」


2次リーグで韓国に破れた時は正直絶望しました。
なんでこんなところで敗退しなければいけないんだ!と。
イチローの無念そうな表情が見ていてつらかった。

そこからメキシコの思わぬ活躍で奇跡の復活!
(ぐらーしゃす!むーちょ、めひこ!!!!!)
こうなれば流れは日本。準決勝の相手は三度韓国。
3回も連続で韓国に負けるはずはない!
おまけに先発は上原だ。こういう時の上原は集中力を増して素晴らしい活躍をする。
予想通りの完璧なピッチング。組み替えられた打線を好調なイチローが引っ張る。
投手戦が続いたけれど、思わぬ福留の2ランまで飛び出し勝利を確信。
ベンチでわき上がる歓喜。うれしかったなぁ。

「勝つべきは日本」。イチローの力強い言葉に、世界一の予感。

決勝の相手は「アマ世界一」のキューバ。相手にとって不足はない。
初回からヒットとしっかりボールを選んで満塁。
制球難の相手は死球と四球で連続押し出し。
2次リーグで致命的なエラーをした今江が名誉挽回のタイムリー。
これで今日も行けるぞ!と確信。
終盤ムネリンのエラーなどで追いつかれて冷や冷やしたけど、
9回の怒濤の攻撃。西岡の名人芸「プッシュバント」。
師匠の高橋慶彦もよろこんでいるだろうなぁ。もう完全に武器として身に付いたね。

本塁突入したムネリンの「神の右手」。見事な本塁へのタッチ。
イチローのなりふり構わぬ勝利への執念を感じるスライディング。
最後は「よっしゃー大塚」。いいやつだよなぁ。
みんな素晴らしかった。

イチローがいう「品格のある」監督も素晴らしいけど、コーチ達。
弘田、大島、辻、鹿取、武田。お気づきだろうか?
コ-チすべてが現役時代両リーグを経験している人たち
見事なバランス感覚、選んだ監督も両リーグを経験し、
その人材を知り尽くしている。

シャンパンファイトでイチローのはしゃぎっぷり。まるで野球小僧
これが本来のイチローの姿。やっとマスコミに見せてくれた。
いっぱい誤解されていたけどホントのイチローは熱いヤツ。
これでやっとわかってもらえたと思います。うれしい!(^^)

さて、最大派閥(?)松坂世代。よく活躍しました。
インタビュアーの上重君も同級生達に囲まれて、手荒い歓迎をうけていた。
同級生のインタビューなので松坂のこころから楽しそうな笑顔。後ろで和田君も。

野球人気の低迷を言われていたけれど、ここまで熱くなれるのも野球。
国際大会の意義をみんなが感じた1か月でした。

感動をありがとう、日本代表。
さぁ、帰国したら開幕だ!
[PR]
by monsieurmt8 | 2006-03-22 16:44 | スポーツ

私的五輪慰労会

昨日の午後、寺尾悟君から電話でこれから伺いますとのこと。
今日からの「ショートトラック県別対抗選手権」(野辺山・帝産ロッジ)で
すでにこっちに到着していた。

今回は(も?)突然だったので彼の大好きなスイーツを用意する時間がなく、
ご近所のとてもおいしいパティスリィ「アングーテ・ア・ラ・カンパーニュ」でゲット。

トリノから帰国してまだ10日も経っていないのに、もう次の試合。
スケート連盟や県などいろんな事情があるにせよ、相変わらずのハードスケジュール。
けれど、もう少しでシーズンも終了。
けがのないように細心の注意を払いながらもう一踏ん張りだ。

聞けば五輪出場メンバーはほとんどが今回は欠場。
とはいえ全員が欠場して大会の目玉がないと盛り上がりに欠けるので、
日本のエースが欠場するわけにはいかない。

ショートトラックも4月になれば1か月だけのオフ。(5月からもう合宿?)
「もう飲みたくなぃ~」というほど、大好きなシャンパンをいっぱい飲んで、
気持ちを切り替えて次のシーズンに向かうのが寺尾式調整法。

さすが、4度のオリンピック出場を経験し、気持ちの切り替えもうまいベテラン。
いろいろなことがあったけれど、彼は元気です。



写真はトリノ土産にもらった「五輪ピンバッジ」




f0067107_9282439.jpg
[PR]
by monsieurmt8 | 2006-03-10 09:24 | スポーツ

春の予感

確定申告も終わり、オリンピックも終わったことだし、いよいよ体を動かさねば!
お天気もよく、午後はお散歩決定!
とはいえ、ぶらぶらではなくしっかりとウォーキング。
まずは家を出て坂道をしっかり下る。
昔だいすきだったホテル(廃業)の前を通り、落葉松の林に見とれしばし休憩。
思い出がいっぱいよみがえってつらくなるので出発。

畑の間の道や牛舎の前を通り過ぎ、国道を渡る。
さすが日曜日。交通量が多い。
また牧草地を眺めながら先へ進む。
松林の向こうには真っ白な八ヶ岳が!
今日の姿は春霞でぼんやり。

ついこの間までの真っ青な空にキリリとそびえる「冬の八ヶ岳」ではない。
やさしい春の空に白い山々。
もう冬が終わりそうな春の予感が・・・・・・・


f0067107_9304790.jpg
[PR]
by monsieurmt8 | 2006-03-05 18:18 | 季節

3月 mars

3月になりました。
雪ではなく雨が降っています。
春が近いことを感じてうれしくなる。

むかしから春は大好きだけど、八ヶ岳南麓に住んでからますます強くなったみたい。
冬が長い分だけ春を待ちわびるこころがいっぱい満ちている。
高1の頃、古文の授業に出てきた和歌を思い出す。

春の野に 菫摘みにと来し我ぞ 
     野をなつかしみ 一夜寝にける

外はまだ雪景色だけれど、雨が降ることによって少しずつ融けていくことでしょう。
石和あたりのハウスではもうそろそろ桃の花が咲く頃?
のんびりできるのもあと少しだけかも・・・・
[PR]
by monsieurmt8 | 2006-03-01 08:58 | インターネット