カテゴリ:スポーツ( 27 )

五輪最終選考

f0067107_20593162.jpg








ではないけれど、(最終選考は7月中旬)この候補の中に
近鉄バファローズ最後のエース「岩隈」が選ばれていることが感慨深い。
(元・近鉄ファンとしては涙が出るほどうれしい)

昨シーズンの今頃からは考えられない奇跡の復活
今シーズンもうすでに10勝ですよ。
ここまでくるのに長かったなぁ。(4シーズンぶりの復活)
心ない人間によるずいぶんなバッシングもあったし。
この調子で代表入りして、本番でも大活躍してほしいなぁ。


>五輪 最終候補にダルら決まる
[PR]
by monsieurmt8 | 2008-06-20 21:06 | スポーツ

松坂世代同士のトレード

大西は言わずと知れたPL学園の出身。
あの伝説のPL対横浜の延長11回横浜1点リードで2死2塁、つまり
あと1人でゲームセットの窮地から同点打を打った打者。
大西は春の選抜で2本、夏の準々決勝で3本、松坂からヒットを
打っている。

古木は豊田大谷高の出身。
希望していたホークスではなくベイスターズのドラフト指名され入団。
もともと守備には自信がない。というよりも長打力が魅力の選手。
DHのあるパ・リーグ向き。


環境を変えてやればもっと伸びる選手というのはいるもの。
この二人がそうなってくれることを祈っています。

先日、矢崎良一著「松坂世代」(河出文庫)という本を読みました。
雑誌「Number」の連載をまとめた本のようです。


読み応えのある素晴らしい本で途中、何度も何度も
涙を流し感動しました。いまさらだけど野球っていいなぁ。
この本はあの夏の甲子園を夢中になって観続けた人にとってのバイブル。
まさに野球ファン必読の書。








オリックス大西、横浜古木が交換トレード
[PR]
by monsieurmt8 | 2007-12-17 09:36 | スポーツ

藤川が投げなかった謎

勝ったからよかったけど、最後まで見てどっと疲れました。

まぁ、簡単には勝てないと思っていましたが、星野監督じゃなくても
見ていて胃が痛くなるような展開。ありとあらゆる事をやって来ますね。

厳しいインコースにはバットを振るより足を出してくる「当たり屋」とか。
交換したスタメン表とまるっきり違う先発メンバー
日本では考えられません。
しかし、それはとりもなおさずそれだけ相手チームに余裕がないということ。

油断さえしなければ足下をすくわれることはありません。
事前にきちんきちんと手を打っておけばOKです。


成瀬→川上→岩瀬→上原・・・という継投で、捕手も阿部から矢野に
代えたのになんで藤川でないの?と思っていました。
たぶん誰もがそう思ったことでしょう。

その疑問への答えは星野監督自らが試合後のインタビューで答えていました。
「10回もあると思ったのでとっておいた」。
つまり同点に追いつかれての『延長戦』用に藤川を残したということ。
最後の最後まで気が抜けない国際試合。何があるか分かりません。
なるほど納得の采配でした。
[PR]
by monsieurmt8 | 2007-12-03 12:29 | スポーツ

強かったなぁ、ファイターズ!

終わりよければすべて吉!
結果的に「パ・リーグ優勝チーム」が日本シリーズに出場決定しました。
最終戦まで見られて最高でした。これでいいのです、きっと。

3回ツーアウトから稲葉の「当たり損ね打球」が内野安打になった時、
おっ?と思いました。あれがすべてだったんでしょう。成瀬にとっては
討ち取った打球。チェンジになるはずでしたが、転がったところが絶妙。
直後に飛び出した絶不調だったセギノールの本塁打。天運を感じました。
あとはもう流れはファイターズへ。運も実力のうち。

ぼくは「全パのファン」なので、日本シリーズで優勝できるほうが、
勝ってほしいと願っていました。たぶん、この結果でいいんでしょう。

あとはセの結果を待って、勝負です。
今年もパの代表が日本一になってくれることを祈っています。
[PR]
by monsieurmt8 | 2007-10-18 22:49 | スポーツ

ジョニーよどこへ

ロッテの弱かった時代を支えてきたエース黒木知宏がとうとう戦力外に。

2000年に両輪だった小宮山が去ってから、無理をしすぎましたね。
この年はオリンピックもあってスケジュール的にもきつかったんだろうなぁ。
男ジョニーは右肩に違和感がありながら、自分への期待を裏切らないよう
無理を続けて長い故障生活に入ってしまった。それもジョニーらしいけど。

口べたなのも九州男児らしいけど、生き方も不器用だった。
痛いなら痛いと言えばいいのに、投手がいないからと無理に投げ続けて。

どこかで思いきって手術すべきだったね。
ぼくは村田兆治のような奇跡の復活を期待していたんだけど・・・

いずれにしても、ジョニーはマリンから去ってゆく。
ぐっどらっく!
[PR]
by monsieurmt8 | 2007-10-03 10:02 | スポーツ

夏の名残

f0067107_10222471.jpg










今回の上京でどうしても行かなければいけない店があった。
それが写真の店。場所は築地の「歌舞伎座」の東側。
友人がやっている「アメリカン」というサンドイッチハウス。

場所柄、歌舞伎座の裏方さんが多い。
しかし、時たま、誰にも気が付かれないようキャップを目深にかぶり
ひっそりと染五郎がひとりでmilkteaを飲んでいたりする。 (笑い)


この店のHという友人は今年の夏ほとんど店を開けていない。
なぜなら、東京から新幹線に乗って甲子園に通い詰めていたから。
彼の母校「佐賀北」は奇跡の快進撃を続け、決勝まで行ってしまった。

彼は度々の臨時休業で常連さんに申し訳ないと思いながらも、
応援に行く時、シャッターに正直にその理由を書いて出かけた。
そして最後の試合で思いがけない「優勝」というプレゼントを
もらい帰ってくると、店の前にあるその張り紙には常連さん達から
励ましと祝福の寄せ書きがされていた。

思いがけない多くの人々の厚意に彼は泣いた。
電通が移転して以来すっかり元気がない街だが、それでも人情は
廃れていなかったね。ひさびさにいい話を聞いたよ。
これで彼は体が続く限り店を続けることになるのかな。


f0067107_1023157.jpg
[PR]
by monsieurmt8 | 2007-09-15 10:10 | スポーツ

劇的な逆転満塁本塁打!

仕事中でいちばんすごい場面を見逃した。 (泣き)
それにしてもすごい快挙をやってのけたなぁ。
まるで13年前の「佐賀商業」優勝時の再現を見ているような。
最後まであきらめない精神と、気迫に感動。
予想通り、野村君は終盤に崩れました。投げすぎ。
これも運命か・・・・・

それにしても佐賀北、素晴らしすぎ。
野球は楽しいなぁ。今年の夏もありがとう。
[PR]
by monsieurmt8 | 2007-08-22 16:34 | スポーツ

甲子園最終決戦、そして夏の終わり

高校野球が終わると、我が家の夏が終わる。

今日は決勝戦。
長かったような、あっという間だったような。
例年どこかを応援しているが、まさか最後まで佐賀のチームが残るとは。
これも13年ぶりの快挙。負けても準優勝。
誰も期待していなかった「公立高校」が最後まで残っている。
あのひたむきさと野球が大好きという笑顔がたまらない。
優勝を宿命づけられた名門でもないし、最後までのびのびと
自分たちの野球をやってくれればそれでいい。

どっちが有力なんて、ここまで来ると無意味だけど、戦力的にも
全国から有望な選手を集めている広陵が有力。
が、佐賀北だって2枚看板の投手を中心に守りは堅い。
先発の馬場君が踏ん張れば、広陵の野村君は連戦で昨日は
130球近く投げて相当疲れている
ので勝負はわからない。
最後は体力勝負になるかも?
[PR]
by monsieurmt8 | 2007-08-22 13:02 | スポーツ

準決勝は完封勝利!

馬場君の甲子園無失点記録は続く。神話となるか?

佐賀北のエース、馬場君は甲子園に来てから未だ無失点。
いっそのこと、このまま最後まで行ってほしいもの。(願望よ)


まぁ、それにしても佐賀北ナインの楽しそうな表情がいい!
決勝なんて夢にも思っていなかったでしょうから毎回試合を
楽しむことしかないような???
他の私立校のようなプレッシャーとは無縁???
問題は寄付金が集まらないことか? (苦笑)
[PR]
by monsieurmt8 | 2007-08-21 16:52 | スポーツ

天の時、地の利

勝負事は時の運。
しかし、天の時、地の利を味方にしたほうが有利であることは
自明の理。 (佐賀北はベスト4唯一の公立校。雰囲気的に有利?)

いよいよ本日の甲子園は「準決勝」。いい試合を期待したいですね。

さて、常葉のエース田中君は調子が出ないまま勝ち進んできましたので
決勝まで行けば、疲れもあり攻略可能と思っていました。
が、広陵打線が見逃すはずもなく、打ち崩して途中交代。

この調子だと第1試合の勝者は広陵か?

さて、第2試合は九州の隣県同士。
6月の練習試合では長崎日大が勝っていますが、佐賀北は
延長再試合を勝ち上がり、準々決勝の延長戦もサヨナラ勝ちし
勢いがあるし、唯一の公立高校ということで応援も多いようです。
他校に大柄な選手が多い中、160cm台の小柄な選手が多く、準々で
決勝打を打った井手君などは子どものようなあどけなさが残っていて、
試合のあとも他の選手とうれしそうにハグしまくっていました。
なによりも野球が楽しくてしょうがないという笑顔が溢れています。

甲子園ではよく「1試合ごとに上手くなるチーム」というのがありますが、
まさに佐賀北はその典型的なチーム。延長再試合を制して自信も
みなぎっています。連戦もなく、ツキもあり日程にも恵まれているので
決勝まで行くのでは?と内心思っています。

さぁ、決勝はどの組み合わせになるんでしょう?楽しみです。
[PR]
by monsieurmt8 | 2007-08-21 13:14 | スポーツ