『白馬のルンナ』

f0067107_21112190.jpg







知る人ぞ知る内藤洋子唯一のヒット曲

元々は松山善三監督作品のミュージカル映画「その人は昔」
挿入歌。じつはこの映画、リアルタイムでちゃんと見ています。

主演は舟木一夫。姉たちがファンだったおかげで絶対見てこいと
言われて、ひとりで見に行きましたよ。おかげで集中できました。

北海道から集団就職で東京へ出てきた少年と少女が次第に都会に
流されて一番大切なものを失ってしまう・・・という悲しい物語。
主題歌は「その人は昔」(松山善三作詞・船村徹作曲)。
これは「その人は昔、海の底の真珠だった。」で始まる名曲です。
全部は思い出せないけど、最初の辺りは今でも歌えそうです。

おっと、「白馬のルンナ」のお話でしたね。本題に戻して。
売れたのは3年後。オールナイトニッポンのアンコーが
彼女のファンで毎回のように流していたんですね。
これがリスナーに受けてリクエストも続々と来ていたのですから
深夜放送全盛時代ならではのお話。

東宝としては「日活の吉永小百合」のような看板女優を育てたかった
のでしょうが、いかんせん鎌倉のお嬢様は欲がなさ過ぎました。
最後は悩んだあげく、加山雄三の従弟と結婚して引退しました。
帰国後、数年前から「喜多嶋洋子」としてCMに出演していましたが、
絵本作家としてデビューしたりと一人の女性としても輝いています。

全然、内藤洋子のファンという自覚はなかったのですが、こうして
振り返るとずいぶん映画を見ています。でも、偶然でしょうね。
この翌年は「兄貴の恋人」と「年ごろ」に主演。
「年ごろ」ではブルーコメッツと共演していっしょに「甘いお話」
歌っていました。こっちをレコード化してほしかったんですが
事務所の関係だったのか発売されなかったのはとても残念!

どっちでもいいから、あのなつかしい曲をyoutubeあたりに誰か
アップしてくれないものでしょうか?感涙ものなんですが。
[PR]
by monsieurmt8 | 2007-07-20 21:07 | 音楽
<< 真夏の夜の夢 『兄貴の恋人』 >>