感動の世界一 WBC

奇跡の快進撃から始まった「夢」は、とうとう世界一という頂点を極めかなえられた。
イチローを始め選手、王監督、コーチ達、裏方さんに感謝を込めて「感動をありがとう!」


2次リーグで韓国に破れた時は正直絶望しました。
なんでこんなところで敗退しなければいけないんだ!と。
イチローの無念そうな表情が見ていてつらかった。

そこからメキシコの思わぬ活躍で奇跡の復活!
(ぐらーしゃす!むーちょ、めひこ!!!!!)
こうなれば流れは日本。準決勝の相手は三度韓国。
3回も連続で韓国に負けるはずはない!
おまけに先発は上原だ。こういう時の上原は集中力を増して素晴らしい活躍をする。
予想通りの完璧なピッチング。組み替えられた打線を好調なイチローが引っ張る。
投手戦が続いたけれど、思わぬ福留の2ランまで飛び出し勝利を確信。
ベンチでわき上がる歓喜。うれしかったなぁ。

「勝つべきは日本」。イチローの力強い言葉に、世界一の予感。

決勝の相手は「アマ世界一」のキューバ。相手にとって不足はない。
初回からヒットとしっかりボールを選んで満塁。
制球難の相手は死球と四球で連続押し出し。
2次リーグで致命的なエラーをした今江が名誉挽回のタイムリー。
これで今日も行けるぞ!と確信。
終盤ムネリンのエラーなどで追いつかれて冷や冷やしたけど、
9回の怒濤の攻撃。西岡の名人芸「プッシュバント」。
師匠の高橋慶彦もよろこんでいるだろうなぁ。もう完全に武器として身に付いたね。

本塁突入したムネリンの「神の右手」。見事な本塁へのタッチ。
イチローのなりふり構わぬ勝利への執念を感じるスライディング。
最後は「よっしゃー大塚」。いいやつだよなぁ。
みんな素晴らしかった。

イチローがいう「品格のある」監督も素晴らしいけど、コーチ達。
弘田、大島、辻、鹿取、武田。お気づきだろうか?
コ-チすべてが現役時代両リーグを経験している人たち
見事なバランス感覚、選んだ監督も両リーグを経験し、
その人材を知り尽くしている。

シャンパンファイトでイチローのはしゃぎっぷり。まるで野球小僧
これが本来のイチローの姿。やっとマスコミに見せてくれた。
いっぱい誤解されていたけどホントのイチローは熱いヤツ。
これでやっとわかってもらえたと思います。うれしい!(^^)

さて、最大派閥(?)松坂世代。よく活躍しました。
インタビュアーの上重君も同級生達に囲まれて、手荒い歓迎をうけていた。
同級生のインタビューなので松坂のこころから楽しそうな笑顔。後ろで和田君も。

野球人気の低迷を言われていたけれど、ここまで熱くなれるのも野球。
国際大会の意義をみんなが感じた1か月でした。

感動をありがとう、日本代表。
さぁ、帰国したら開幕だ!
[PR]
by monsieurmt8 | 2006-03-22 16:44 | スポーツ
<< 彼女の消息 私的五輪慰労会 >>